不動産の写真を撮るアルバイト

不動産の広告には必ず写真が添付されていますが、これを撮影するアルバイトがあります。不動産は入れ替わりが激しいため社員が足りない場合には、専門のアルバイトを雇って撮影することがあります。仕事の内容としては、一日数十件の物件の外観、室内の様子を撮影することとなります。したがって、車を運転することが好きな人、歩くことが好きな人、写真を撮ることが好きな人にはとても向いている仕事だと思われます。また、勤務時間も明るい時間帯に撮るという制約はあるものの特に決まっておらず、会社へ出勤する必要もないため開いた時間で勤務することも可能です。

不動産業者バイトする時基礎知識

不動産関連の求人をよく見かける機会があると思いますが、具体的どのような仕事をするのかなどは知らない人も多いです。未経験や知識がない人でも、バイトとして働いていけるのでしょうか。まずは、駅前や町中の小さな所か、或いは割と大きめの企業なのかで業務の内容が変わってきます。小さな所だと、電話対応や顧客に図面を送る作業、家賃の代行支払いなど、文字通り事務作業が中心になります。一方で大きめの企業になると、お金の入金や送金作業や顧客へ疑問点などの説明など、責任が重い作業を任せられることもあります。未経験や不動産の知識がなくても、しっかりと教えてもらえるので心配する必要はありませんが、たとえバイトでも正社員のように責任を持って働くことが大切です。

↑PAGE TOP