民法と法律の分類

民法と法律の分類について

民法にも法律の分類がある

民法にも、法律分野の細かい分類がありますので、知っておくことで勉強しやすくなります。これは、条文に即して分けられることがおいです。まずは総則で、これはすべての分野に共通するルールを規定する部分です。次が物権で、物に対する権利関係を規定しています。そして次が債権です。再建には債権総則と債権各論があります。前者が債権分野で共通のルール、後者は細かな規定が定められています。そして、あとは親族、相続法です。これは、家族などの身分関係に関することや財産の承継について規定しています。法律の教科書も、この分類に基づいて書かれています。

法律の主な分類を知っておこう

法律の主な分類を知っておけば、知識が深まり勉強になります。代表的な分け方は、民事と刑事という分け方です。同じ裁判でも、この両者で何をするかが違います。前者は、判決によって個人間の権利義務関係に対して裁判所が終局的な判断を下します。後者は、被疑者に対して罪があるかどうかについて最終的な決定を行います。例えば、詐欺といっても、裁判で争われるのは刑事事件だけではありません。詐欺被害者は加害者に対して、詐欺取り消しをして、不当利得返還請求が可能ですが、これは民事裁判です。このように、法律はその時に何が対象になるかで、分野が変わります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 民法と法律の分類について All rights reserved