不動産投資における収益物件とは

不動産投資における収益物件とは、戸建て、マンション、アパート、事業用ビル、駐車場、土地など種別を問わず、第三者との間で賃貸借契約を締結し、賃料の受領を行う目的で自己所有する物件のことを言います。所有する場合に、すべてを自己資金で賄うこともできますが、一般的には、この物件を担保として金融機関でローンを組むことが多いです。ローンを組んだ場合、ローン残額の月々の返済については、この受領した賃料から行うわけです。

↑PAGE TOP