地上権についてのシンプルな理解

地上権をシンプルに表現すれば、土地の地上部分を使える権利だと言えます。この権利を持つ人であれば、その土地の上に家を建てて暮らすことが可能です。しかし、地下を掘ったり地下水を使用したりしてはいけません。わかりやすい例として、地下鉄が通っている場合が挙げられます。地下鉄が通っている深さについては、地下鉄側に所有権があります。そのため、地下を貫通させるような工事を勝手に行うことはできません。逆に、地上部分は地下鉄側に関係なく、地上権を持つ人が自由に使えます。

↑PAGE TOP