不動産は投資として失敗しにくい

よく不動産は、失敗するのが怖いという人がいます。むしろ対象を間違えなければ、失敗が少ない投資だといえます。その理由としては、以下の点があります。①投資スタンスが長くゆっくりのため、失敗しそうでも対応がとりやすいです。②土地に投資する限り、資産価値がゼロになることはまずありません。③不動産投資を本格的に手掛ける人は数が少なくライバルが多くありません。④融資返済が終わると資産としての価値が生まれます。⑤生活に密着しており対処をあやまらなければ投資しやすいです比較的失敗が少ない投資であることは間違いないです。

↑PAGE TOP